アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎などのお肌の悩みを改善するための保湿ケア化粧品を紹介しています

便利な通販サイト > アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎 小児

小児のアトピー性皮膚炎は皮膚が薄く皮脂も少ない乾燥肌のうえ、慢性的に湿疹ができやすい状態(免疫的な傾向を持つ状態)なので乾燥により角質層が乱れやすくなります。本来角質層は外部からの刺激(アレルゲンや紫外線)より肌を守るバリア機能としてはたらいているのですが、小児のアトピー性皮膚炎は角質層が乱れバリア機能が低下し外部からの刺激を受けてしまっている状態なのです。

つまり・・・ アトピー性皮膚炎を改善するにはバリア機能を回復するためのお手入れがとっても大切なんです。その為には乾燥により乱れた角質層にうるおいを「届け」て「保持する」ことが必要なんです。 そして小児のデリケートな肌にやさしい方法である必要があります。現在のアトピー性皮膚炎の治療は基本的にステロイド外用薬を使うことになります。 ステロイドは正常な皮膚になったのに塗り続けると皮膚がうすくなってしまいます。

そのため、まだ正常な肌になっていないのに途中でやめてしまったため再発をするということがよくあります。正常な肌になったかどうかの判断が分かりづらいのです。また外用薬は副作用が少ないとはいえ皆無ではありません。

薄い皮膚の小児にとっては塗り続けてしまったための副作用はかなり危険な物になってしまいます。もっと安全で保湿効果の高いものに小児のアトピーを改善しているものもあります。

みんなの肌潤糖という保湿ケア商品なのですが、浸透力・保湿力が高く、安心な原材料を使っていて、使用方法もいたって簡単、小児にもらくらくと使用できます。クチコミだけで売り上げ実績日本一になり、今では2分に1個売れているようです。

体験談や口コミも豊富にありますし、なんと言ってもお試しサイズを用意してくれています。

まずは体験者の方のレビューなんかを参考にされて、お試しされてはいかがでしょうか。

アトピー性皮膚炎 顔

アトピー性皮膚炎は大人になると首から上、特に顔に現れるようになります。肌の皮脂量や水分量が減ってくるので、外気に触れることが多く乾燥しやすい顔に現れるのだと思われます。

治療は基本的にステロイド外用薬を使うことになりますが、まったく副作用が無いわけではないので顔面に使用するのはかなり危険なことです。他の部位だと衣服等で隠せても顔は隠すことができません。副作用がでてからでは生活に支障が出ることも多いのでオススメできません。

大人のアトピー性皮膚炎には乾燥対策が大切なんです。ただし、アトピー性皮膚炎は皮膚の奥のほうの角質が乱れているので表面を保湿するだけでは、あまり効果がなく肌の奥まで浸透し保持することが必要です。

そんな大人のアトピー性皮膚炎のための保湿化粧品が開発されています。原料は「砂糖」なので安心して全身に使用することができます。浸透力、吸水・保湿力が非常に高く、角質層までうるおいを浸透させ保持することができるのです。

使い方は簡単で、洗顔や入浴時にやさしくなじませ、1~2分後サッと洗い流し、後は普段お使いの化粧水や乳液などで肌を整えるだけです。

ガサガサ、ゴワゴワ、ムズムズ肌用保湿ケア化粧品『みんなの肌潤糖』

 

詳細はコチラ!

アトピー性皮膚炎 トップへ戻る