逆流性食道炎

逆流性食道炎

逆流性食道炎の症状や原因、そして食事との関係などについての情報や改善方法について紹介しています。

便利な通販サイト > 逆流性食道炎

逆流性食道炎 症状

逆流性食道炎とは胃酸が胃から食道に流れ込んだり、食道が胃酸で炎症を起こした状態のことです。
典型的な症状としては胸やけや呑酸(胃酸が混ざった食べ物が押し戻されてきて口の中が酸っぱくなる症状)などがあります。

当然、胃酸で食道が荒れてしまうことによる他の症状もでてくることになります。

本来、食道と胃は下部食道括約筋という筋肉によって閉じられており、通常の状態では押し戻されることはないのですが、この下部食道括約筋の閉じる力の低下や食道から胃へ食べ物を送り込む力が弱かったりすると起こりやすくなってきます。

改善策としては下部食道括約筋の機能を回復すること、胃が圧迫されないように姿勢を正しくすることや食後直ぐに横にならない(横になったとしても頭部を胃より少し高くしておく)など生活習慣を改善する必要があります。

そんな 逆流性食道炎を自宅で根本改善できる治療法があります。
TBSテレビ水曜スペシャルで日本の名医50人に選ばれたアスカ鍼灸治療院院長の福辻鋭記さんが考案した逆流性食道炎改善法なんです。

1日たったの10分で特別な薬や道具を使わない改善プログラムは今までに2,513人が実証してしています。
実行するのは3つだけ
1.姿勢やその他の共通となる原因を根本から改善してゆく
2.胃と食道を元の健康的な状態へと整えてゆく
3.胃の粘膜や炎症を防ぐ正しい治療法により再発を防ぐ

これで、あなたも逆流性食道炎が改善されてゆくのを実感することができると思いますよ。

 

逆流性食道炎 食事

逆流性食道炎を改善するには食事の内容を見直す必要があります。胃から食道に胃酸が戻らないようにする訳ですから、まずは胃酸が出過ぎないようにすることや胃の中が食べ物でいっぱいにならないようにする必要があります。

具体的なレシピや例をあげると、アルコールや炭酸を控える、食事は腹八分目、そして消化の遅い物(特に脂っこい物や肉類は胃の中での滞留時間が長くなってしまいます)はできるだけ避けるようにする工夫も必要です。

それと、胃の調子が悪かったり食事のときに空気を一緒に飲み込んだり、炭酸飲料を飲んだりするとゲップが出やすくなり胃酸を押し戻しやすくなります。

これらを改善するには薬や食事の内容を見直すだけでは不十分で、併せて生活習慣を見直してゆくことが必要なんですね。

そのためには具体的な改善プログラムを実行してゆくことが大切なんです。
日本の名医50人にも選ばれたアスカ鍼灸治療院院長の福辻鋭記さんが、これらの内容を具体的にそして根本的な治療方として逆流性食道炎改善法が監修されています。

詳しくはこちらから

逆流性食道炎 改善プログラム

逆流性食道炎 トップへ戻る

Copyright 2014 © 便利な通販サイト All Rights Reserved.

  • SEOブログパーツ