不妊治療

不妊治療

自宅で出来る自然妊娠をするため方法、自分の「妊娠力」を引き出す方法について

便利な通販サイト > 不妊治療

不妊治療 病院

不妊治療について、2012年にNHKが行なったアンケート調査(患者・元患者8,213人、医療機関308)によると、医療機関の8割以上が「妊娠する可能性が極めて低いと分かっていても患者が希望する限り不妊治療を続ける」と答えてます。そして35歳以上の患者1,400人のうち47%が「いつ止めたらいいか分からない」と答えています。

今の病院では殆どの場合が原因不明のまま不妊治療を開始します。
なので、とりあえず対処療法として確立をあげるための方法からスタートしてゆきます。それでダメな場合には高度な生殖医療(人工授精や体外受精)へと進めてゆき治療が長期化してゆくことになります。

NHKのアンケート調査にあるように「終わりのない状態」になってゆくのです。

本当は不妊ではなく意識していない身体の不調により妊娠しづらい状態になっているだけなのかもしれないのです。もし確実な不妊の原因が特定できていないのだったら一度立ち止まって考え直す必要があるのではないでしょうか。

そしてご自身の体調だったり、体質改善などの妊娠するための力をつけるための方法を考えてみることが大切なのではないでしょうか?

不妊治療 助成金

不妊治療をする場合、高額の費用がかかる特定不妊治療(体外受精及び顕微授精)で医療保険が適用されない治療費の一部を助成する国の制度があります。
運用は各都道府県が窓口となり決めているので地域によって異なります。また年度毎によっても変わることがあるので居住地の自治体に確認することが必要です。

2014年4月1日からの制度変更により39歳までの方と40歳以上の方で回数などが変わり、2016年4月1日からも取り扱いが変更となります。また上限金額等も変更となってくるので注意が必要になります。

今回の変更は不妊治療にかかる国の費用が増えてきたことや効果があまり上がっていないことを受けてのことなのです。
つまり今までのやり方では、あまり効果が無かったということなのだと思います。

本当に効果があれば実際に成果を上げているはずだし、予算を削減するなんて事はないはずなんです。

そんなに費用も期間もかけないで実績を上げている方法があります。実際に多くの方が取り組まれていて成果がでているようです。専用のサポート掲示板なんかがあり、実際に他の皆さんとの情報交換も行いながらなので安心して取り組めるようです。実際にやり取りしている内容もご覧いただけるので一度見られる価値はあるのではないかと思います。

詳しくはこちらから


■ アキュモード式不妊症改善セルフケアDVD

不妊治療 トップへ戻る