白髪染め

白髪染め

白髪染めについての市販品の情報やトリートメントタイプの評判について

便利な通販サイト > 白髪染め

白髪染め 市販

市販の白髪染めだと安く済むけれど髪が傷むし、美容院で染めればもちもいいし髪が傷まないのがいい。
という話を良く聞くのですが、最近は市販のものもかなり品質が向上しており、傷みもなく自分で簡単に白髪染めが出来る商品が販売されています。

自宅で白髪染めをするメリットは自分の都合で好きなときに出来ることとコストが安く済んじゃうところです。
美容院で染めてもらう費用に比べれば格安です。その分カラーの持ちは短くなってはしまうのですが、自宅で出来るとこまめに出来るので逆に伸びてきた部分をカバーできるというメリットもあります。

自宅で気軽に使えて簡単に白髪染めができると人気が出てきているのが「利尻ヘアカラートリートメント」なんです。
シャンプー後、普通にトリートメントをする要領で10分ほど(染まりにくい場合は時間を長めに)放置しておくだけで後は良くすすげば完了。髪の毛を保護しながら染めて行くので傷めることもありません。

普段シャンプーをするときにできるので手間もかからずに白髪染めが出来るのは確かに魅力的ですよね (・∀・)b

白髪染めトリートメントタイプ

トリートメントタイプの白髪染めが数多くある中で常にランキング上位にいるのが「利尻ヘアカラートリートメント」です。この分野では草分け的な存在なんですね。
なので実際に使われている方も多く、体験談や感想、口コミなども豊富で使い始める前に参考にできます。

多くの方に評判なのですが、一部の方には「染まり具合が思ったほどではなかった」という意見もありました。
個人差というものがあるのかなぁ...と思い口コミを探していると、使用方法によってかなりの差があることが分かりました。

まずはトリートメントを使うときのタイミング、説明書ではシャンプー後に水気を切って濡れた髪に使用することになっているのですが、水分があると染まりにくいようです。口コミにあったのはシャンプー後髪を乾かしてつけると良く染まるということでした。

次には、放置する間にヘアキャップを被るということ、普通にトリートメントするときにもよくヘアキャップを被るといいといわれていますが、同じようなことのようです。

その次が、放置時間について、最初のうちは長めにとるのがいいようです。1度染まると次回からは短い時間でも染まってゆくようです。

そして、これは説明書にも載せてくれればいいのになぁ~...と思ったのがシャンプーについてです。
市販のシャンプーにはシリコンやポリマーなどの化学物質を使って髪の表面を皮膜で覆ってしまうものがあります。
利尻ヘアカラートリートメントはヘアマニキュアタイプなので髪の表面に皮膜があると当然染まりが悪くなってしまいます。シャンプーをノンシリコン無添加シャンプーに替えてからよく染まるようになったということでした。
頭皮や髪のことを考えると無添加アミノ酸系シャンプーに替えてしまうというのはオススメかもしれませんね (*^-^*)

やはりランキング上位の商品ですね、口コミ評価はかなり高かったです

「利尻ヘアカラートリートメント」について

詳しくはこちらから

利尻ヘアカラートリートメント≪サスティ≫

白髪染め トップへ戻る